トイレの詰まりは自分で直す?それとも業者?

トイレの水漏れ対策は専門の修理業者に依頼しましょう

複雑に入り乱れている家庭内の水道管 イラスト

生活しているなかで最も困るのがトイレの詰まりです。特に、朝の出勤前に遭遇したら目も当てられませんね。こういうとき百戦錬磨の主婦の方なら、手早く自分で直してしまうのでしょうが、誰でも同じことができるとは限りません。

とりあえず時間がないから、帰ってから処置しようと放置してしまう人が多いでしょう。そして、帰宅してみると、リビングまで水浸しに…という事態にもなりかねません。

持ち家の場合はいいですが、これが賃貸などの2階以上の物件だと問題です。水漏れの程度によっては、階下まで水が浸水し、多額の損害賠償を払うケースも見受けられます。

トイレのつまりや水漏れを発見したら、ただちに業者に連絡して修理してもらいましょう。最近では、トイレ修理業者は24時間営業のところが多く、出勤前の時間帯でもすぐに来てくれます。

トイレの水漏れ・つまりぐらいならさっと直してくれます。料金も2000円程度とリーズナブルです。放置したまま出社して水浸しになるよりも、ちょっと遅れても修理業者を呼んだほうが安心して仕事に従事できます。

トイレの詰まりや漏れという、目に見える場合はいいのですが、分らない場合が厄介ですよね。最近、水道料金が高くなった、という方はいませんか?その原因は、水の使いすぎではなく、トイレの水漏れが原因かも知れません。

参酌■トイレの「詰まり」の主な原因と対処法 | 生活トラブル救急車 https://水道・ガラス・鍵修理は生活トラブル救急車.com/water/column/2554

パイプのつなぎ目や接続部分からの水漏れや、チョロチョロとトイレの水が流れ続けることには、気がつきにくいものです。もし、水道料金が明らかに高いという方は、一度トイレ修理業者にトイレの点検をしてもらったほうがいいでしょう。

特に賃貸の場合、トイレの使用年数は分からないものです。見た目は綺麗でも、5年、10年と使用している可能性もあります。そうなると、便器自体に亀裂が入ったりタンク内部の器具の磨耗といった、素人では直す手段がない原因で水漏れが起こっている場合もあります。

原因をきちんと特定するためにも、専門の業者を呼んで点検してもらいましょう。